実店舗が始めるネットショップの商品登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実店舗を持ちながら、ネットショップを展開する手順をお伝えしています。

今回は、実店舗が始めるネットショップの商品登録の注意点についてお伝えします。

ネットショップを作ったら当然、商品ページも作らなければいけません。

まず商品登録に、必要な項目は次の4つです。

1.商品タイトル
2.キャッチコピー
3.商品説明
4.商品画像

順番に見ていきましょう。

 

1.商品タイトル

 

検索された時、商品一覧に表示されます。
ですので検索されるキーワードは記載しましょう。
知られてるブランドのものであれば、ブランドネームも記載しましょう。
そうで無い場合は、商品の特徴などを記載しお客さんを惹きつける事が重要です。
注意したいのは、対象としたいお客さんが使わないキーワードを使わないこと。
特に専門用語を使う場合は、その言葉をお客さんが使うのかをよく吟味してください。

 

2.キャッチコピー

 

お客さんを引きつけるため、商品の魅力を端的に伝えるキャッチコピー。
とても重要な役割です。
商品がお客さんに与えるベネフィットや、
限定性、希少性をアピールできればそういったことも伝えられるよう考えてみましょう。

 

3.商品説明

 

商品の仕様やサイズだけではなく、
どんな人がどのようになれるか?イメージできるように工夫しましょう。
特に、実店舗のように手に触れることができませんので、
それを補ってあげる必要があります。

 

4.商品画像

 

メイン画像、ディティール画像、仕様イメージ画像を用意しましょう。
実店舗のように手に触れることができませんから、
画像はとても重要な役割を担います。

画像が少なかったり、画像の質が悪いと、
返って悪いイメージを与えかねません。
とはいっても撮影は、意外と手間のかかる作業なので、
コストはかかりますが外注することも検討してみてください。

一方最近では、動画の活用も非常に有効です。
商品の良さがどうすればより伝わるか、という観点で取り組みましょう。

 

まとめ

 

今回は、商品ページに必要な最低限の要素をお伝えしました。

商品ページの作成は、
ネットショップにおいて売上に直結するとても重要な業務です。

実店舗の運営と併用すると、最初の内は負担が大きいかもしれません。
そんな背景もあるせいか、簡単な画像とスペックだけ記載した商品ページが多いですが、
それでは売れませんから、本末転倒です。

外注を上手く活用したり、スタッフで上手く割り当てたりしてと、
工夫しながら取り組んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*