インバウンドマーケティングでの取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回お伝えした「インバウンドマーケティング」。
私たちが取り組むマーケティングとして、良いのは分かったけど、
何をすればいいのかわからないかもしれません。

今回は、インバウンドマーケティングの私たちが取り組むべきこと、
そして、そのポイントを簡潔にお伝えします。

インバウンドマーケティングで取り組むこと。

 

1.ブログを始める

ブログというと日記のようなものを思い浮かべるかもしれません。
今日の出来事や、お店の日常を綴ったブログです。

そうったブログとは違います。

そういったブログは自分目線のブログ、
自分のことを発信しているにすぎません。

ブログを集客に使いたいのであれば、
その考えは捨ててください。

ブログを集客に使うのであれば、
「お客さんの役に立つ記事」である必要があります。

お客さんの役に立つ記事を集めたブログを始めてください。

見込み客に見つけられて、もっと読みたくなるようなブログを書き続けます。

 

2.ソーシャルメディアでシェアする

ソーシャルメディア、と言えばFacebook、ツイッターなどが代表的です。

また最近はyoutubeといった動画、インスタグラムといった画像メディアもとても広まっています。

ここではまず、Facebookを始めましょう。
ほかのメディアもやったほうがいいんですが、まずはFacebookです。
慣れてから他のソーシャルメディアにチャレンジしていってください。

Facebookはビジネスユースに作られており、ビジネス活用に有効です。
また、実際のビジネス層に多く利用されていて、リーチできるソーシャルメディアとなっているからです。

具体的には、ブログ記事をソーシャルメディアで拡散させます。

ブログだけだと、見つけられるまでに時間がかかります。

そこでソーシャルメディアをうまく組み合わせることでの拡散力、即効性が期待できます。

では、情報発信をするうえでのポイントをお伝えします。

 

 

インバウンドマーケティングのポイント

 

・ペルソナをつくる

誰に向けて情報を発信するのか?
ペルソナを設定しておくことがとても重要です。

「誰に」がはっきりしてないと、
発信する情報の内容もぶれてきてしまいます。

誰に向けて情報を発信するか、「ペルソナ」はしっかり決めておきましょう。

 

・検索されるキーワード

インバウンドマーケティングの流れを一言でいうならば、
ブログを中心として情報発信し、見込み客に見つけてもらう、と言えます。

ここでお客さんに検索され、見つけてもらうためには、「キーワード」が必要です。

ブログの中に検索キーワードが含まれていなければ、
検索されることはありません。

キーワードが含まれたブログ記事を書きましょう。

 

・売り込みはしない。

人は売り込みを嫌います。

売り込みをしてしまっているブログは、結構ありますが、
それではお客さんが離れていく恐れもあり逆効果です。

あくまでお客さんの役に立つ情報発信ということに努めましょう。

 

インバウンドブログをはじめましょう!

インバウンドマーケティングで取り組むこと、
そして、そのポイントを簡潔にお伝えしました。

まず、ブログとソーシャルメディア。

今すぐ取り組みを始めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*