ネット集客でやるべき”投資”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット集客で効果を出すには時間がかかります。

基本的に検索で上位に来るには時間がかかるし、
必ず上位表示される保証もありません。

前回手っとり早くテストするには、広告を出すと良いとお伝えしました。
広告を出すということは、時間を短縮するということなんです。

ですからあなたにも、そこに”投資”してほしいんです。

集客のために使う広告費や販促費用の考え方については、
個々の価値基準があると思います。

つまり、お金をかけて集客するか、
時間をかけて集客するか、という比較なんですが。。。

”等価交換”ですね。

もちろん、広告費にお金をかけられないから、
時間をかけて取り組むのもありでしょう。
でも、時間をかけるということは、
結局その分人件費がかかってしまい、同じことなんです。

広告費や販促費用は、お客様を増やすための投資です。

経費は削減するべきだけど、投資はやめてはいけません。

ですから、ネットで広告を使ってみてほしいんです。

 

ネット広告の始め方

 

ビジネスだから、
最初に、時間や資金や知識を「投資」して
回収して、そして利益を得られます。

でも何かを差し出したからといっても、
何も得られないこともあります。
それがビジネスじゃないでしょうか?

やるからには最大限の効果が出せるようにしたいですね。
そのために、ネット広告を上手く使う方法も学んで行かなくてはなりません。

注意しておきたいポイントを紹介します。

 

小さくテスト

 

大きな会社は、CMや雑誌など広告に大金をかけています。
そして広告にお金をかければ集客できると言いますが、
これは間違いです。

反応の取れない広告にどれだけお金をかけてもムダです。
反応が取れるか判断してから、大金を投じればいいんです。

やはりここでもテストです。

はじめて広告を出すときは、少ない予算で広告を出してみて、
ちゃんと反応が取れるのかをテストするんです。

小さくテストをしてみて、上手くいくことがわかってから、
徐々に大きな広告費をかけていくようにするんです。

 

初めから上手くはいかない。

 

新しい広告を出すときなどは、まず失敗してしまいます。

でも、少ない予算で広告を出しているのであれば、何回かは失敗しても大丈夫。
その失敗から学び、ノウハウとしていきましょう。

ただ、何度やっても上手く行く兆しがないときは、諦めることも必要です。
予算などに合わせて、あらかじめテスト限度を決めておくのも良いでしょう

 

悩む前に、とにかく今すぐやってみる

 

やってみなければ何もわからない、ということです。

アドワーズ広告なら短い文章だけで、非常に簡単に出稿できます。
また、クリックされたら費用が発生する仕組みなのでハードルはとても低い、と言えます。

悩んだり、検討する前にやってみればすぐに答えはわかります。

そして反応を確かめて、テストを繰り返していきましょう。
次第に上手くいくようになっていくはずです。

 

 

お伝えしたように、
インターネット広告には、少ない予算で簡単に始められます。
そして、テストを繰り返しながら進めれば、必ず成功できます。

失敗はしますがそこで諦めてしまうのではなく、
上手くいくまで続けられるかどうかが成否を分けます。

成功するかどうかはあなたの行動次第なのです。

根気よく続けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*