集客に欠かせない”ペルソナ”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前お伝えしましたが、集客しやすくするためにやっておくべきことがあります。
それが、ペルソナを決めておくということ。
今のマーケティングでは欠かせない事と言えます。
そんな、「ペルソナ」についておつたえします。

もともとpersonaはラテン語で仮面、人格を意味します。

ブログを中心としたコンテンツもは、ただ書けばいいってもんじゃありません。
見てくれたお客さんが「自分のことだ」と思ってもらうことが集客の近道です。

ペルソナを決めると、メディアやコンテンツを絞りこむことができます。
そして、「自分のことだ」と思ってもらう理想のお客さんを、集客しやすくなります。

つまり、ペルソナがしっかりと作られていると優良顧客の獲得につながります

 

ペルソナの作り方

 

ペルソナとは、理想の顧客像で、あたかも存在する人物のように、その特徴を明文化したものです。
既存のお客さんの情報やインタビュー、調査したデータなどの情報から、架空の理想の顧客像を描きます。

・年齢
・性別
・仕事
・家族構成
などの基本的な情報に始まり。

一日の過ごし方、どんなメディアに触れているか、
商品やサービスの選び方、
口ぐせ、目標、解決したいと思っている課題といった細かな事も考えていきます。

ペルソナの情報を調べたら、履歴書のような形式のペルソナシートにまとめます。

 

ペルソナが作れない?

 

ペルソナを作れない主な理由の一つに、
一人に絞れない、といった事があります。

専門家として伝えたいことが多すぎる、
とか、いろんな人に伝えたい、といったものです。

しかし、ここでお伝えしたいのは”パレートの法則
ビジネスにおいて、
売上げの80%を占めるのは、全商品のうち上位20%の商品。
といったことや
売上げの80%を占めるのは、全顧客のうち上位20%である
といったことで、8:2の法則ともいいます。

つまり、2割の典型的な理想の顧客像を浮き彫りにすることで、
8割の売上をカバーすることができる、ということです。

 

ペルソナのメリット

 

ペルソナを作ることが今のマーケティングで欠かせないと、お伝えしました。

ここでペルソナを作ることのメリットを上げておきます。

・一人に絞り込んで分析し情報発信することで、お客さんの理解が深められる。
・ペルソナを設定すると、軸が定まる。より具体的で効果的な、サービス手段が見えてくる。
・ペルソナの設定は、社内での共通認識とし、共有すれば、商品・サービスも共有しやすく質の向上が期待できる。

つまり、お客さん像が明確になることで、
お客さんにも明確で伝わりやすくなり、
店舗内での共通意識も明確となり、より的確なサービス提供ができるようになる、という事です。

 

ペルソナの背後には…

 

従来のマーケティング手法は、広く浅くお客さんに伝えるものです。
お客さんたちのライフスタイルが多様化するなかでは、ニーズを掴みにくくなっています。
ペルソナを活用したマーケティング手法は、一見するとたった一人のお客さんの獲得を目指すようですが、
実はペルソナの一部が該当する人もいます。
ペルソナ設定の背後にいる隠れた多くの人の心にも響くことになるので、
実は効率的なマーケティングの手法と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*