新規客の集客ばかりでいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「集客」といえば新規客の集客、という意識がほとんどですが、
実は既存客に再来店してもらう方が簡単、というお話です。

一言でいうと既存客をフォローする事が重要だ、ということなので、
あなたにも、そんなことは分かっている、と言われるかもしれません。

でも、実際それができていないお店がほとんどなのです。

あなたのお店ではいかがですか?

たとえばあなたが身近で普段利用する店から
再来店を促すようなアクションはあったでしょうか?

私自身は、ほとんどないです。

多くのお店、会社がこうだというのが現実だと思います。

胸を張ってできていると言えなくても無理はありません。
リピーターを確保し続けることは、非常に面倒なことですから。

面倒なことをしたくないのは人情ですよね。

分かります。

でも、そんな面倒なことはやりたくないっ、という人に限って、
お客さんが来ないなぁ、、、と嘆いているんです・・・

嘆く前に、一度来てくれたお客様が、
どうしたらまた来店してくれるかを考え、
実行する仕組みをつくるべきかと思います。

そうした方が新規客を集めるよりも、
よっぽど費用対効果が高いのも分かっているのではないでしょうか?

そう。
新規客の獲得よりも、既存客にアプローチした方が、
費用対効果が高いのです。

あらためて説明すると、
新規客の集客は、広告やチラシが主な媒体といえますが、それには広告費がかかります。

価格は媒体によりかなり前後しますし、
チラシをまいたら一回ウン十万なんてことも。。。

また、それがどのくらい反応するかといえば、
例えば10000枚チラシを撒いても5~10人くらい集客できれば上出来、といったところではないでしょうか?

その点、既存客をしっかりフォローできれば、
DMを送るだけでも来店率がチラシより格段に違います。

なぜなら一度来てくれた事がある人だから。
(接客によほどの問題がなければですが。。。)

最初の来店、というのはとてもハードルが高い行為なのです。

結果的に、費用対効果が高くなる、というわけです。

ただ、先ほども触れましたが、
一人一人フォローしていくこと大変面倒です。

ですから、費用がかかっても新規客を集め続ける方をとるか?
面倒での費用がかからない方法をとるか?
という”選択”ともいえます。

さらに、言及しておくと、お客さんの数は有限だ、ということです。

特に実店舗なら来店しやすい範囲のお客さんの数は限られています。

近くのお客さんより、遠くのお客さんが来店する確率は低いでしょう。

こう言えばどちらを選択するかは明白ではないでしょうか?

広告、チラシなども確かに重要で、やらなければいけませんが、
新規客を捕まえる前に、まず既存客にアプローチしてみる。

これは、手っ取り早く集客できる方法だと思います。

こういった一見面倒だと思われる仕事ほど仕組化、システム化してければ良いと思います。
ルーチンワークとでもいいましょうか?

やらない店が多いからこそやってみる。

まだできていないっ、ということでしたら

まずは、今日のお客様にお礼の手紙を書いてみる。
とか、毎月ニュースレターを書いてみるなど、
簡単なことから少しづつでも取り組みを始めてはいかがでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*