実店舗が始めるモール型ネットショップのメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実店舗がインターネットに出店する、
そういったテーマです。

実店舗がどのようにネットショップを始めるべきか?
まずは基礎知識としてお伝えします。

ネットショップは、大きく2種類に分類されます。

モール型、と独自ドメイン型です。

ここでは割愛しますが最近は、
個人レベルが簡単に出品できる、
BASEや、Stores.jpというインスタントEC、
と呼ばれるネットショップ作成ツールや、
メルカリ、フリル、STULIOといった
フリーマーケットの出品ツールがあります。

 

モール型のメリットデメリット

 

モール型とは?

楽天市場
yahooショッピング
に代表されるショッピングサイトに出品します。

「モール」とはショッピングモールですから、
イオンモール、ららぽーとなど想像していただくと分かりやすいと思います。
インターネット上のひとつのモールに、複数のネットショップがまとまっていて、
様々な商品を販売しているウェブサイトのことを指します。

 

モール型ECのメリット

 

1.集客力がある

 

楽天、Amazon、Yahoo!といった大手のショッピングモールサイトは、
集客力が大きなメリットといえるでしょう。

知名度のある企業が行っているモールサイトはSEO的にも強く、
莫大な予算をかけてモールの宣伝を行っています。

 

2.信頼感がある

 

購入者が信頼感をもちやすい、ということです。

大手のショッピングモールサイトであれば、
その名前がブランドとなり、
お客さんからすると購入における信頼感は初めからあります。
安心して買い物してもらえるのは重要です。

 

モール型ECのデメリット

 

1.価格競争になりがち。

 

集客力に優れている反面、
同じ商品を扱ってるたくさんのショップが集中してしまいます。

それは実店舗のショッピングモールの比ではありません。

そのため、他ショップとの差別化もしにくく、
どうしても価格競争になってしまう傾向にあります。
モール内検索機能も便利ですぐに比較されます。
そのため、ショッピングモール内で広告を使ったりする必要もあります。

 

2.自分のお店のブランディングができない。

 

例えば、楽天で何か買い物をしても、「楽天で買った」と言われます。
そこにあなたのお店の名前が出てこないんです。
購入者からすると楽天で買い物をしているという認識になってしますことが多いんです。

ショップ名を覚えてもらえないので、
リピーターを獲得していくことが難しくなります。

 

3.費用がかかる。

 

モール内で広告を使うと、当然広告費がかかりますし、
売上があったとしても手数料(ロイヤリティ)がかかります。
手数料(ロイヤリティ)は売上があがるほど金額が多くなります。

さらに、プランによりますが、月額の固定費用も高額になります。
そうなると、商品が売れたとしても利益を生むのは大変です。

 

4.ショップ側では、お客さんの情報が管理できない。

 

これはモールの方針にもよるところですが、
あるモールサイトでは購入者のメールアドレスが暗号化され、
購入者の情報がモールサイトで管理されるのです。
購入してくれたお客さんに送るメルマガにも配信規制があり、
アプローチが難しくなっています。

 

次回は、独自ドメイン型のメリットデメリットをお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*