最速で大きな売り上げを上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最速で大きな売り上げを上げるなんていうと、
かなり胡散臭いですね…

もし、あなたが商品やサービスがあっても顧客リストがない、
また逆に、顧客リストはあるけど適切な商品がない。

というなら、そんな人たち同志で手を組んでビジネスをすることが、
成果を上げる近道、といえば伝わりやすいでしょう。

手を組んで一つのビジネスに取り組む。
このような取り組みを”ジョイントベンチャー”と呼びます。
ジョイントベンチャーを活用することで、
ビジネスを飛躍的に拡大することが可能です。

 

最速で大きな売り上げを上げるジョイントベンチャー

 

”ジョイントベンチャー”というと、
新聞やニュースなどで報道されるような大きな会社が複数で出資しあい、
新しい会社を設立するといったことを思い浮かべるかもしれません。

しかし、マーケティングでのジョイントベンチャーは
もっと小さな意味でお互いの資産を出しあって
一つのビジネスをすることを指します。

ですから、もちろんあなたにもできることなんです。

資産といってもお金ばかりではありません。
例えば、顧客リストという資産と商品やサービスという資産。
お互いが資産を出し合い、一つのビジネスに取り組みます。

 

ジョイントベンチャーの取り組み方

 

まずは、ジョイントベンチャーが取り組めそうな会社を探します。

顧客リストを持っている人なら、
もっとうまくリスト取り扱うためにお客様が喜びそうな商品を持っている会社を探しましょう。

逆に、自分の商品、サービスを持っている人なら、
その商品を販売してくれそうな会社を探しましょう。

このような視点でパートナーを探します。

パートナーの見当がついたら次に、
そのパートナーに対し、どれだけ多くのリターンを与えられるか考えます。

相手も自分に利益がなければ取り組まないのは当然です。
相手が断れないくらいのメリットを提示し、提案しましょう。

また、取り組むことでデメリットを思われることもあります。
例えば、相手先は、ジョイントベンチャーにより、クレームが発生したり、何か問題が発生しないか、不安に思うでしょう。

こうしたことにも配慮して、リスクを洗い出し、そのリスクの対処方法を考えておきましょう。
特に顧客リストを取り扱いについて、管理の仕方などを十分に考えておいてください。

 

ジョイントベンチャーの注意点

 

ジョイントベンチャーに取り組む上での注意点に触れておきます。

・自分の利益を優先しすぎない。

先ほど相手が断れないくらいのメリットを提示することをお伝えしましたが、
取り組む両社がメリットを感じられるWin-Winの関係が築けるようにしましょう。

・負担や報酬の配分を決めておく

始めに発生する負担や報酬の配分を決めておかないと
「こっちのほうが作業量が多いのに、なぜ報酬は同じなの?」
とお互いに不満が募り、信頼関係が崩れてしまいます。

これでは、うまくいきません。

しかし、同じビジネスに取り組むといっても、
実際の作業はどちらかに偏ってしまうもの。

そうしたことを配慮して、報酬の取り分も検討しましょう。

 

ジョイントベンチャーが一回成功すれば、
同じ方法を他の会社ともやれば同じように成果を上げることができるでしょう。

メリットデメリットを把握して信頼できる人と
ジョイントベンチャーすることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*