集客3つの壁を超えろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集客するため、店舗に来てもらうため、
そして購入してもらうために、
お客さんに超えてもらわなければいけない”3つの壁”というものがあります。

その3つの壁についてと、それを超える方法をお伝えします。

その3つの壁とは、

・お客さんは、読まない。(NOT READ)

・お客さんは、信じない。 (NOT BELIEVE)

・お客さんは、行動しない。(NOT ACTION)

という3つです。

3NOTなんて言われたりします。

そんな「壁」を突破しなければならないんです。

 

 

第一の壁 お客さんは、読まない。

 

まず、お客さんは、読まないんです。

広告やチラシでも、自分に関係が無いと思われたら読まれません。

例えば、ウチの商品の●●がスゴイんです!といわれてもお客さんは反応しません。
あなたの商品のことには関心が無いんです。

ウチの商品を使うと、あなたはこうなれますよ。あなたのこんな悩みを解消しますよ。
なぜなら●●だから。
このように、ウチの商品が~ではなく”お客さん”がなれる姿を想像できるよう伝えなければなりません。

 

 

第二の壁 お客さんは信じない。

 

そして、お客さんは、信じません。

どれだけ誠実なことを伝えても、お客さんはまず疑います。
「そんなわけないでしょ?」と多くの人が思います。
あなたが何者なのかも分かっていないのに信じられる訳がありません。

本当に効果はあるのか?
商品は大丈夫なのか?
自分の手元にきちんと届くのか?

ですから、第三者の意見やお客さんの声が必要です。
または信頼できる機関のデータを提示します。

お客さんが、そうなれる証拠、悩みを解消する証拠を提示する必要があるんです。

 

 

第三の壁 お客さんは行動しない。

 

さらに、お客さんは、行動しません。

お客さんは、なぜ行動を躊躇するのか?
お客さんが行動する後押しになることを考えます。

まだ自分に合うのか心配ならば、返金などの保証を付けてみたり。
今必要なのか悩んでいるなら、限定として今しか買えない状況を作ります。

そして、今買ったら得する、というのことも行動を後押しします。
キャンペーンなどで特典をつけたり、行動することでメリットを感じてもらえます。

さらに、行動しやすい状況も作らなければいけません。
せっかく購入しようとしたのにどう手続きしたらよいかわからない、では困ります。

手順もなるべく単純で簡単にしておくことも、行動を喚起させる方法です。

 

 

テクニックではなく、お客さんの感情を意識する。

 

とくに集客のための広告、チラシなど手に取ったお客さんがどう感じるか?

『感情』を意識する事が大切です

お客さんに、
読んでもらうとき
信じてもらうとき
行動してもらうとき

どんな感情が生まれるかを意識してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*