「こだわり」を伝えても集客できない訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、集客用チラシ、広告、ブログでもそうですが、
「こだわりの素材で作られた●●」
「昔ながらの製法にこだわり××」
なんて見出し、キャッチコピーたくさんありますね。
これで、お客さんが買いますか?というお話です。

こだわりを伝える方法では、集客できない。

 

この”こだわり”。

結論から言うと、お客さんには、もう伝わらないんです。

 

一昔前なら、めずらしくて価値がありました。

ちょっとカッコ良かったりしました。

 

でも今では、”こだわっている”ものはたくさんあり、同質化しています。

”こだわること”自体は、特別ではなくなったんです。

 

あなたのお店の商品、サービスにはこだわりがあるでしょうし、
それは伝えたいことでしょう。

でも、お客さん目線で考えれば分かるかもしれませんが、
ただの特徴、スペックでしかなくなっているんです。

 

こういうと、
どんな素材でも安ければいいのか?
とか大量生産の安物でいいのか?
とか反論されます。

 

いえいえ、価格の話ではありません。

 

お客さんにとっての、ベネフィットが抜けているんです。

 

例えば、
素材にこだわったから、お客さんはどうなるのか?
製法にこだわったから、お客さんは何を得られるのか?

ということを伝えてあげないといけません。

 

お客さん目線で伝えて集客する

 

お客さん自身がどうなるか?どうなれるか?
を教えてあげることで、
お客さんの「欲しい」という感情を刺激することができるんです。

 

こだわりを伝えただけで、欲しいとは思われません。

 

あなたはこうなれますよ。こんなこだわりがある素材だから。
あなたはこれを得られますよ。こんなこだわりの製法だから。

ということになります。
こだわりも、ベネフィットを得られる理由なんですね。

 

集客につなげたいあまり、
自分たちがいかにすごいかを伝えるチラシ、広告が多いです。

 

でも自分たち目線ではなく、お客さんの目線で考える

 

この姿勢が大切です。

さて、あなたのこだわりはお客さんに何を与えますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*