間違った売り方正しい売り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残念ですが、良い商品だから売れるわけではありません。というお話です。

一番美味しいから売れるわけではないし、
一番機能的だから売れるというわけではないんです。

事実、
一番美味しいというわけでなくても売れている商品はあります。
一番機能的というわけでなくでも売れている商品があります。

 

商品、サービスの事を伝えるのは間違った売り方。

 

強いて言うならいい売り方。
結局、マーケティングがうまいところが勝っているんです。

一番美味しい。一番機能的。
これを伝えるだけでは、間違った売り方といえるんです。

なぜならお客さんにとってどうなのか?
という視点が欠けているからです。

お客さんの届く、優れた「メッセージ」を発信しなければなりません。

優れたメッセージをつくるためにまず間違えてはいけない事
それは「誰に伝えるのか?」

間違った売り方は、
この”誰に”が曖昧なんです。

曖昧だから”誰に”が理解できていない。
だからメッセージが誰の心にも刺さらない。

 

お客さんがどうなれるかを伝えるのが正しい売り方

 

メッセージを伝えたいお客さんが”誰が”を考える時。

・あなたの商品を「今すぐに売ってくれ」と言う人はどんな人か?
・あなたはどんな人をお客さんにしたいのか?

単純なんですが、とても重要です。
これを、いい加減にやってしまったり、
誰でもいいからと曖昧にしてしまうことがとても多いです。

”誰に”が不明確な「メッセージ」では売れません。
”誰に”は具体的であればある程いい。
その”誰か”が商品、サービスを通じてどうなれるか?
未来を提示してあげるんです。

メッセージを受け取ったお客さんは、その未来を手に入れるために行動してくれるでしょう。

良い商品、サービスを持っている人、
商品、サービスに自信がある人ほどこの罠にハマりやすい。

以前もお伝えしました。
商品の事を伝えるのは、私のこと「Meメッセージ」
そうではなく、伝えるのはお客さまのこと「Youメッセージ」であるべきということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*