小さな会社、店舗がやるべき広告とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”広告”というと、
お金がかかるわりに、効果が無い、といった声もよく聞かれます。
特に最近は、無料で集客できる方法も、たくさんでてきていますね。

でも、効果があるんなら、広告もしっかり使いたいですよね。
今回は、私たち小さな会社、小さなお店がやるべき広告の手法をお伝えします。

リードジェネレーション広告とは?

 

効果がないといわれる広告のほとんどは”売り込み”。
最初からいきなり買ってもらおうとし、
自分の商品をアピールするものばかりです。

そうではなく、
私たち小さな会社、小さなお店は、
”リードジェネレーション広告”を使いたいです。

リードは、「見込み客」のこと
「見込み客」とは、商品を買ってくれそうなお客さんのことです。

”リードジェネレーション広告”とは、
商品を買ってくれそうな「見込み客」が、
反応してくれそうなメリットのあるオファー(プレゼント)を提供することで、
その見込み客の顧客情報を集めることだけを目的としています。

つまり、いきなり買ってもらうことが目的ではありません。

 

リードジェネレーション広告を使うメリット

 

繰り返しますが、
いきなり買ってもらおうとするのではなく、
見込み客のメリットを提示して、顧客情報を集めます。

いきなり買うと行為は、心理的な壁があるもの。

ですから、お客さんにとっての心理的な壁を、
段階的に取り除いていくということで、
セールスしたときの成約率が格段に上がります。

顧客情報を集めやすく、
セールスの成約率も高い。

そんなメリットのある広告手法なんです。

 

リードジェネレーション広告のプロセス

 

では、簡単にリードジェネレーション広告の流れをお伝えします。

①自分の商品、サービスの見込み客にとって、
魅力的なオファー(プレゼント)を用意する

②広告で告知し、それに反応して集まった見込み客のリストを集める。

③見込み客に、関連した情報をさらに提供しつつ継続的な関係を続ける。

④セールスし成約に持ち込む。

最大のポイントになるので、もう一度言いますが、
最初の広告で自分の商品をアピールしたり、
セールスしようとする方法ではありません。

最初の広告では、
見込客が反応しそうなメリットのあるオファー(プレゼント)を提供し、
見込み客の顧客情報を集めることだけを目的とします。

 

リードジェネレーション広告を使いましょう!

 

このようなリードジェネレーション広告は、
よくある一般的なイメージだけ伝えるような広告や、
最初から売り込み目的で自社のアピールばかりを行う広告とは異なります。

そういう広告よりも、
成約率が大きくなります。

ですからすでに、あらゆる業界で広く利用されています。

あなたの商品、サービスに興味のあるお客さんに集まってもらい、
関係性を構築するセールスのプロセスです。

もし、あなたの広告に対するイメージが、
従来のイメージだけの広告や、売り込みだけの広告だったなら、
それは私たちのやる広告手法ではないとおわかりいただけたでしょうか?

ぜひ、リードジェネレーション広告。

まずは、言葉だけでも覚えておいてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*