集客のための”割引”の正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、集客のための、”割引”や”特典”の正しい使い方、というのをお伝えします。

人が行動を起こすのには、何かしらの”きっかけ”が必要です。
お客さんにお店に来てもらうにも同じように”きっかけ”が必要だということです。

そのために、良くあるのが割引や特典を付けること。
とてもやりやすい半面、安易な割引をすると、
とても危険なスパイラルに陥る可能性があります。。。

といいますのも、安易なために割引ばかりをやっていると、
あそこは割引をする店だ、と思われてしまいます。

それではお店に魅力を感じられなくなってしまい、
比較される基準が”値段”になってしまいます。
そして、さらに割引をしなければ集客できない状況に陥るんです。

割引や特典は、悪いこととは言いませんが、
「安いから」が理由で来店されたくはないでしょう。

それは避けるには、
割引や特典にちゃんと理由を付ける、ということです。

安くなる理由、特典が付く理由を明確に提示しておけば、
お客さんも納得してくれます。

集客のための、”割引”や”特典”を使うときには、
”限定”を上手く使いましょう。

集客のための”割引”の正しい使い方
2つの”限定”をお伝えします。

 

1.特定の人限定にして集客。

 

例えば、
・誕生日の方だけといった特定の人のみを対象にする。
・アンケートに答えるなど、条件を満たしてくれた人だけにする。
といった事です。

幅広いお客さんに。とは行きませんが、
継続的に行うことで、お客さんにアプローチする回数も増えるので、
お客さんとの関係性の継続にもなりえます。

またアンケートは、お客さんの声として活用したり、
新たな商品、サービスのヒントにもなりますね。

 

2.日時を限定して集客。

 

例えば、
・イベントの日をきめておいてその日限定にする。
・季節、記念日の限定にする。
・タイムセール
など、です。

「今だけ半額」とか良くある文句です。
でもこの”今だけ”はとても曖昧。
明確に区切っているわけではなく、
もはや信じられる表現とは言えないでしょう。

期限を明確に提示することで、
本当に今だけだと証明できるでしょう。

 

ちゃんと理由を付けて伝える。

 

「割引しないとお客さんが来てくれない」と嘆くお店。
実はご自身に原因があるかもしれません。

割引や特典も、うまく使うことで理想的な集客が可能です。

いつでも安いわけではなく特別な理由があるから安い。

お客さんが納得できる理由があれば、
安売りする店には映りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【メルマガ特典】集客の仕組みメール講座

集客し続ける仕組みの作り方、『7つの秘訣』を公開します!

今、メルマガ登録すると、特典として次のようなメール講座をお届けいたします。

●「集客の仕組み」メール講座

安定して集客し続ける仕組みを作るための方法をイチから学べるメール講座です。

例えば、こんなことがわかります・・・

・インターネットで集客する方法が分かる。
・オフラインで集客する方法が分かる。
・集客したお客さんをリピーターにする方法が分かる。

【メール講座の内容】
テーマ1.まず自分のビジネスを知る
テーマ2.本当のお客さんは誰か?
テーマ3.手っ取り早く集客する施策
テーマ4.顧客リストの管理術
テーマ5.リピーターを育てる施策
テーマ6.新規客の集客施策
テーマ7.ネットでの集客施策

集客を仕組化することで、集客に不安を抱えることがなくなります。ぜひ、このメール講座で集客の仕組みの作り方を学んでください。

●会員限定のメールマガジン

ご登録いただいたメールアドレスに、会員だけが見られるマーケティング情報を記載したメルマガを配信させていただきます。

▶ 今すぐメール講座に参加する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*